はやき瀬に たたぬばかりぞ 水車 われも憂き世に
めぐるとを知れ      
                 僧正行尊

(はやきせに たたぬばかりぞ みずぐるま われも
 うきよに めぐるとをしれ)

意味・・流れの早い瀬に立っていないだけのことだ。
    水車よ、私もこの憂き世の中でせわしく廻
    っていると知ってくれ。

    休む事無く回り続ける水車と、憂き世に暇
    なく働き続けるわが身との共通性を詠んだ
    歌です。

 注・・憂き世にめぐる=俗世の中を右往左往しつつ
     生き長らえる。

作者・・僧正行尊=ぞうしょうぎょうそん。1055~
    1135。大僧正。

出典・・金葉和歌集・561。