あはれさや 時雨るる時の 山家集
                    山口素堂

(あわれさや しぐるるときの さんかしゅう)

意味・・時雨忌の頃芭蕉を偲び、彼が愛誦した「山家
    集」を読んでいると、ありし日の亡友との親
    交が思い出され、感慨もまたひとしおである。

    芭蕉が没したのは旧暦10月22日で、初冬の時
    雨が降る頃であり、その忌日を時雨忌という。
    芭蕉が西行を畏敬し、その歌集「山家集」を
    愛読していた。素堂も芭蕉と親交があり尊敬
    を受ける間柄であった。

 注・・あはれ=感慨が深いこと。
    時雨=初冬の頃急に降ったり止んだりする雨。
    山家集=西行が詠んだ歌集。
    時雨忌=松尾芭蕉の命日(旧暦の元禄7年(16
         94年)10月22日)。

作者・・山口素堂=やまぐちそどう。1642~1716。
        芭蕉とも親交があった。「目には青葉山ほと
    とぎす初鰹」の句で有名。

出典・・素堂家集(小学館「近世俳句俳文集」)