もみぢ葉の 流れてとまる 水門には 紅深き 
波や立つらむ
                  素性法師

(もみじばの ながれてとまる みなとには くれない
   ふかき なみやたつらん)

意味・・(龍田川にはもみじ葉が流れているが)もみじ葉の
    流れて行き着く河口では、(もみじ葉がたまって)
    紅色の濃い波が立っているであろうか。

    屏風に、龍田川に紅葉が流れているさまを描いて
    あったのを題として詠んだものです。
       
 注・・とまる=泊まる。行き着く所。
    水門(みなと)=川や海などの水の出入り口。

作者・・素性法師=909年頃没。僧正遍照の子。

出典・・古今和歌集・293。