おりたちて 今朝の寒さを 驚きぬ 露しとしとと
柿の落葉深く
                 伊藤左千夫 

(おりたちて けさのさむさを おどろきぬ つゆ
 しとしとと かきのおちばふかく)

意味・・朝、庭に降りみて、思いがけない寒さに驚い
    た。いつのまにか晩秋、初冬の姿に一変した
    庭には柿の落葉が深く散りしき、冷え冷えと
    した朝露にしっとりと濡れている。

    きびしい初冬の自然の姿、万物凋落の姿の寂
    寥(せきりょう)感を詠んでいます。

    これからいっそう厳しい冬が来て草木を枯れ
    つくす。寒さがこたえるようになった自分の
    身体にも、枯葉と同じように衰えを意識させ
    られ、寂しさが湧いて来る・・。
    これからやって来る寒さに耐えなくては・・。

    大正元年、亡くなる前年に詠んだ歌です。

 注・・寒さを=「寒さに」と違って、より主情的に
     意外な寒さと捉えている。
    露しとしとと=朝露にしっとりと濡れて。「
     濡れて」を補う。
    柿の落葉深く=柿の落ち葉が重なって散り敷
     いているさま。「深し」とせず「深く」に
     して余韻を持たせ、秋から冬にかけての自
     然の凋落の寂しさを暗示している。

作者・・伊藤左千夫=いとうさちお。1864~1913(大
    正2年)。牛乳搾取業。正岡子規に入門。小説
    「野菊の墓」が有名。

出典・・歌集「ほろびの光」(東京堂出版「現代短歌鑑
    賞事典」)。