曇りなき 子の日の影に うち出づる 野辺に心も
揺らく空かな
                  荒木田守武

(くもりなき ねのひのかげに うちいずる のべに
 こころも ゆらくそらかな)

意味・・曇りなく陽の射す初子(はつね)の日、野辺に
    出て見ると心もゆったりとし、命も延びるよ
    うな気のする空が広がっているとだ。
  
    気持ちの良い初春の野に出た浮き浮きとした
    気分であり現代のピクニック気分が詠まれて
    います。

 注・・子の日=正月の初子の日。ね「子」は十二支
     の一番目で鼠。その日に不老長寿を願って
     野に出て小松を引き、若菜を摘む行事が行
     われる。
    子の日の影=子の日に射す日光。
    曇りなき=晴れ渡っている事と、御代(天皇
     のご治世)が正しく行われている事を暗示。
    うち出づる=「うち」は接頭語であるが、広
     々とした所へ出る感じがある。
    揺らく=玉が触れ合ってゆらゆらとさやかな
     音をたてる意だが、ゆったりとしたという
     気分や命が延びそうだという気分を表して
     いる。

作者・・荒木田守武=あらきだもりたけ。1473~15
    49。伊勢神宮宮内神官。連歌を宗祇に師事。

出典・・笠間書院「室町和歌への招待」。