時雨るるや 黒木つむ屋の 窓あかり
                    野沢凡兆

(しぐるるや くろきつむやの まどあかり)

意味・・寒中の用意に軒近くまで薪(たきぎ)を高々と
    積み上げた農家などのさまである。外は時雨
    が降っていて、室内は寒々と薄暗い。積み上
    げた黒木の間に小窓の部分だけは開けてあり、
    そこから射し込む光が薄暗い室内をほのかに
    明るくしている。

    冬を迎えて、ひっそり寄り添うような人間の
    生業(なりわい)のさまを感じさせる句です。

 注・・黒木=生木をいぶして黒くなった薪。

作者・・野沢凡兆=のざわぼんちょう。?~1714。
    金沢より京に出て医を業とする。芭蕉に師事。
    去来とともに「猿蓑」を編集。

出典・・句集「猿蓑」。