越の浦の 沖つ波間を なづみつつ 摘みにし海苔は
いつも忘れじ
                 良寛

(こしのうらの おきつなみまを なずみつつ つみにし
 のりは いつもわすれじ)

意味・・越後の海岸の、沖の波間で悩み苦しみながら
    摘んでくれた海苔のうまさは、いつも忘れる
    ことはない。

 注・・なづみ=悩み苦しむ。

作者・・良寛=りょうかん。1758~1831。越後出雲崎
     に神官の子として生まれる。18歳で曹洞宗光
     照寺に入山。

出典・・谷川俊朗著「良寛全歌集」。