淡雪の ほどろほどろに 降り敷けば 平城の京し 

思ほゆるかも

                  大伴旅人

(あわゆきの ほどろほどろに ふりしけば ならの
 みやこし 
 おもおゆるかも)

意味・・淡雪がはらはらと降り積もると
あの奈良の都が
    懐かしく思い出されてならない。

    大宰府に居た時の作です。大宰府は都に比べ
れば
    雪が珍しく、それだけに、雪を見るとすぐさま都
    に思いをはせたものです。

 注・・ほどろほどろ=はらはらと、まだらに。
    平城の京し(ならのみやこし)=奈良の都が。「
し」
    は強調する語。

作者・・大伴旅人=おおとものたびと。665~731。太宰帥
    として九州に下向、その後大納言となり帰京。

出典・・万葉集・1639。