親展の状燃え上る火鉢かな
                夏目漱石

(しんてんの じょうもえあがる ひばちかな)

意味・・親展の手紙が届いた。読んでみると、家族の誰
    にも知らせたくない。幸いにこの手紙が来た事
    は誰も知らない。見られたら大変だ。急いで火
    鉢にくべて燃やしてしまった。

    仲の良い夫婦でも、知られたらまずい事がある。
    知られたら一時的にせよ必ず仲が悪くなる。自
    分がまずい事をしたのだから謝れば良いのだが、
    それは出来ない。知らぬが仏だ。隠し通すしか
    ない。

 注・・親展=手紙・封書の受取人が開封する事を求め
     たもの。
    状=手紙、書状。

作者・・夏目漱石=なつめそうせき。1867~1916。
    東大英文科卒。小説家。

出典・・大高翔著「漱石さんの俳句」。