山路きて むかふ城下や 凧の数    
                      炭大祇

(やまじきて むかうじょうかや たこのかず)

意味・・山路を黙々と歩いてきて、峠を越えると突然視界が
    開け、城下町が見えて来た。これから向う城下町の
    空には、数えきらない程たくさんの凧が揚がって
    いる。

    険しい山道、やっと登りきって一息つく旅人。その
    眼下に開ける城下町の景・・・天守閣、町家の甍の
    波、いく筋かの大きな通り、小さくあちこちに見え
    る凧・・・そうしたにぎやかで、しかも穏やかな城
    下町の光景を見下ろして、旅人は登り坂の疲れも忘
    れるような、ホット救われたような気分になったで
    あろう。
 
作者・・炭大祇=たんたいぎ。1709~ 1771。蕪村と親交。

出典・・尾形仂編「俳句の解釈と鑑賞事典」。