づぶ濡れの 大名を見る 炬燵かな    
                                                      一茶

(づぶぬれの だいみょうをみる こたつかな)

意味・・冬の冷たい雨の中をずぶ濡れの大名行列が通る。
    私は、ぬくぬくと炬燵に当たりながらその行列
    が通り過ぎるのを眺めている。

    大名の寒さに耐え忍んで行く力強い行列に、哀
    れんで見つめているのだろうか、それとも権力
    者に対するお灸として見つめているのだろうか。
    いやいや、人さまは寒い思いをしているのに私
    は暖かいところに居り幸せだと思っている事で
    しょう。

作者・・一茶=小林一茶。1763~1827。信濃(長野)の
    柏原の農民の子。3歳で生母に死別。継母と不
    和のため、15歳で江戸に出る。亡父の遺産を
    めぐる継母と義弟の抗争が長く続き51歳の時
    に解決し52歳で結婚した。