君を思ひ おきつの浜に 鳴く鶴の たづねくればぞ
ありとだに聞く
                 藤原忠房

(きみをおもい おきつのはまに なくたづの たずね
 くればぞ ありとだにきく)

意味・・鶴が君を思い続け興津の浜で鳴いている。私が
    君の健在な事だけでも聞くことが出来たのは、
    君を思い訪ねて来たからだ。

    紀貫之が和泉の国にいる時、忠房がこの地を訪
    れた時に贈った歌で、直接面会したのではなく、
    健在という噂だけを聞いて贈ったものです。鶴
    は忠房自身です。

    私はあなたの事を心配して、このように訪ねて
    来たからこそ、あなたがつつがなくいる事を聞
    いたのです。安心しました。

 注・・思ひおきつ=思い置く、心中にたえず思うこと、
     心配する。興津(今の大阪府泉大津市)を掛け
     る。
    あり=この世に生きていること。無事である。
    だに=最小限の希望が叶えられた意。

作者・・藤原忠房=ふじわらのただふさ。925年没。山
    城守。

出典・・古今和歌集・914。